HOME > DAZZLE hair ブログ > アーカイブ > 2014年11月アーカイブ

DAZZLE hair ブログ 2014年11月アーカイブ

柏の美容室DAZZLE/ダズル/お客様からの大変嬉しいメール

柏の美容室DAZZLE(ダズル)です。
一昨日お客様からメールを頂きました。

このようなお言葉を頂くと、大変嬉しくこの仕事をしていて本当に良かったな、と思います!!
今後も、より頑張ってもっとお客様の元気の源のひとつになれるようになりたいと思います。


『◯◯です!ʕ*̫͡*ʔ
本日はカットと、カラーリングありがとうございました(pq´v`*)ァ-㌧♪


藤澤さんの、カットとカラーリングとても気に入りました!(◞ꈍ∇ꈍ)◞⋆**✚⃞ྉそして、トリートメントマッサージがとても気持ちよく、肩こりが軽くなりました!(❛ัॢᵕ❛ั ॢ)⿻⋆✩⃛*ೃ.⋆⿻
家族にも好評です!(・∀・)㌧クス!
明日からまた頑張れそうです(人´∀`)アリガトー♪

また、榛葉さんにもシャンプーしていただいたり、ありがとうございました(✿╹◡╹)
とてもおはなししていて楽しかったです༼・ิɷ・ิ༽

私が今まで行った美容室で、一番DAZZLEさんの技術はもちろんのこと、接客など一つ一つの心配りに感銘を受けました!ʕ·͡·̫͖

これからもお世話になると思うので、よろしくお願いしますʕ•͡ω•ʔ

12.15パーマが待ち遠しいです♥キュ━.+゜*(о☯ฺд☯ฺо)*゜+.━ン♥

どうぞ寒いので、風邪などに気をつけてください!!

また楽しい時間を過ごせる日を楽しみに私も頑張りまーーすっ!♡( ᵕ̤ɜ)ᵕ̤ૢᴗᵕ̤ૢ )♡

それでは失礼しますねっ(∩´∀`)∩バンザ──イ

本当にありがとうございましたʔ•̫͡•ʕ

ひろこ。』


ちなみに写真は、藤澤が今月初めに足をのばした箱根、仙石原のススキの風景です。
季節柄、寒暖の差で風邪を引きやすい気候になって参りました。皆様体調にお気を付けて元気に冬を迎えましょう!!
柏の美容室DAZZLE/ダズル/お客様からの嬉しいお言葉.JPG

柏の美容室DAZZLE/ダズル/「重め」ってどんなスタイル?

柏の美容室ダズルではカウンセリングの際に
デッサンしてお客様とイメージを共有させて頂きます。


この数年お客様から
「重ためのスタイルが良い」
とオーダーを頂くことがとても増えました。

しかしお客様によって、または担当する美容師側の解釈の違いで、
「重め」という意味が複雑になっています
ヘアスタイルの構造自体が重たい(レイヤーやグラデーション、いわゆる段が入っていない)スタイルと
構造自体が軽い(レイヤーやグラデーション、いわゆる段が入っている)スタイルがございます。
更に技術的ですが、それぞれに量感調節(「すく」という作業)をどれくらい施すか、という選択肢が出てきます。

構造自体が重たいけれど、量感調節をそれなりに施したスタイルは、
フォルムとしては重たいけれど、髪の量が少なく(軽く)なります
逆に構造自体が軽いスタイルにほとんど量感調節を行わなければ、
フォルムは軽いけれど、髪の量は多い(重い)というスタイルになります

お客様がどういうヘアスタイルをお望みになっていらっしゃるか、
お客様がどういう「重さ」、もしくは「軽さ」を求めていらっしゃるのか?

我々美容師側と、お客様との意識のギャップを埋めるために
私たちは「イメージを描く」というカウンセリングをしています。


重たいけれど動きのあるスタイル、
毛先にはたっぷりとした重さがありながら、顔周りの方は柔らかい軽さのあるスタイル…

「軽さ」と「重さ」をバランスよく取り入れたヘアスタイルを
実現できるご提案をさせて頂きます。


是非ご相談下さい!!
柏の美容室DAZZLE/ダズル/ヘアスタイル分布図.jpg

柏の美容室/DAZZLE/ダズル/「似合うヘアスタイル」はどんなもの?

柏の美容室ダズルです。
美容室に寄せられるご相談の中で最も多いものの中に
「私に似合うヘアスタイルってどんなもの?」
というご相談があります。

またそれと同じように
「私はロングしか似合わない」
「私はショートしか似合わない」
などご自分の今までの経験によって、確信を持っておられるお客様も大変多くいらっしゃいます。
しかし、本当にそうなのでしょうか?
例えばショートは似合わないと、ずっとロングスタイルを続けていらっしゃるお客様。
もちろんこれまでに短く切られたことがない訳ではないと思います。
ただ、私たち美容師の観点から申し上げますと
そのときに
「“似合わない”ショートスタイルになってしまった可能性がある」のではないでしょうか?

ヘアカタログを見ていて、
「ショートスタイル」のなかにも本当に様々なショートスタイルがございます。
長さが同じでもフォルムや雰囲気が違うスタイルが数多くあります。
本当にお客様がお似合いになるヘアスタイルに出会えるためには、
ご希望の雰囲気や形、切り抜きなどのイメージを踏まえつつ、
「丸みの位置」や
「ライン(前のほうが長い、や、前のほうが短い)」を
お客様に合わせて微調節する必要がある
のです。
ヘアスタイルはほんの少し調節するだけで、随分違った印象を作ることができます
その微調節をしっかり行えば、
「ショートは似合わなかった」、というロングスタイルを続けているお客様も
必ずお似合いになるショートスタイルが実現できるのではないでしょうか?

「絶対に似合うショートスタイル」や「絶対に似合うロングスタイル」が必ずあるんです。
自分に似合うヘアスタイルの可能性を自分で制限するのはもったいないですよね!!


どんな方でも月日を重ねていく内、お顔立ちや髪質、毛量、クセなどが少しずつ変化していきます。
ずっと同じヘアスタイルを貫き通せば、「カッコいいなぁ」と、そこにポリシーを感じるのですが、
その時の気分やファッションの変化に応じてヘアスタイルも変えていった方が
楽しみが増えると思うのです。


自分のヘアスタイルを決め込まず、
是非私たち美容師にご相談してみて下さい。
私たち美容師はそうやって一緒に考えさせて頂いているときが
一番楽しいのですから。

柏の美容室DAZZLE/ダズル/ヘアスタイル/クールショートボブ.jpgのサムネイル画像

柏の美容室/DAZZLE/ダズル/お客様が美容室にお通い頂く理由

柏の美容室ダズルはお客様が美容室にお通い頂く理由を、ただ

根元が伸びて色が気になるから
伸びてきてまとまらなくなったから
パーマがとれてしまったから


という直接的な理由だけではないと考えております。
そういった理由の裏に、
キレイであろうとする前向きな気持ち
見た目だけでなく気持ちを若々しく保とうとする意志
キレイになった自分を見て活力を取り戻す気持ち


など、内面から美しくなろうとする理由が必ずあるはずだと考えております。

そうでなければ美容室に通うことが義務のようになり、
仕方なく 「もう行かないと…」と、
そこにワクワク感がなくなってしまうと思うのです。

だから私たち美容師には、
次に美容室に行くことが楽しみで
「次回はどんな新しい自分に出会えるかな?」
「また元気で若々しい自分を取り戻しに来よう!」
「格好良くあり続けよう!」

と、
内面から美しくなって頂くためお客様の感情を揺さぶる、
という大きな役割がある
のです。

ダズルは美容室とそこで働く美容師にはそういう大きなミッションがあると考え、
お客様の日々がより楽しく、より豊かになるようなお手伝いをさせて頂きたいと思います!!

1

« 2014年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年1月 »

このページのトップへ