HOME > DAZZLE hair ブログ > 柏の美容室DAZZLE/ダズル/再現性の高いヘアスタイルをご提案

DAZZLE hair ブログ

< 柏の美容室DAZZLE/ダズル/髪質と骨格、お顔立ちに合わせたスタイルチェンジ  |  一覧へ戻る  |  柏の美容室DAZZLE/ダズル/クセを活かしたヘアスタイル >

柏の美容室DAZZLE/ダズル/再現性の高いヘアスタイルをご提案

柏の美容室ダズルでは理想のヘアスタイルの実現をお手伝いします。

今回は
「ロングから思い切ってショートスタイルにしたい」
というモデルさん。細部はお任せ頂きました。

写真(before)
柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル3.jpg

これまで肩から上の長さに切ったことがないそうです。
一言でショートスタイルと言っても
ボブからトップも短く動きを付けるスタイルまで
幅がありますよね。

そこで今回のモデルさんにはお顔立ちから判断して…
ショートボブベースのトップ軽めで動きのつくヘアスタイルを選択


なぜかと言うと、横の丸みの位置が
低いところよりも鼻くらいの位置の方が目鼻立ちを引き立たせて
個性を際立たせることが出来ると思ったから
です。
「高めなボリューム感」のほうがお似合いになる!

写真(スタイル画)
柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル/デッサン.jpg
ご相談の上、このイメージで決定。

写真(base cut)
柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル3-2.jpgのサムネイル画像
ヘアスタイルの骨格を決める「ベースカット」終了後。


これで量感、質感ともに未調節。
まったく「すいて」いない状態。

最終的なヘアスタイルに限りなくベースを合わせているので
無駄に「すく」作業は必要ないんです。

そして、量を「すいて」形を作っているわけではないので
どのように動かしてもこの形に戻ってきます。

ダズルではこのベースカットに重点をおいて
カットする事を心がけていますので、
再現性の高いヘアスタイルが生まれます。


ここで初めてヘアスタイルにテクスチャー(質感)を加え、
骨格、クセを見ながら調節を施していきます。
必要最低限の調節で済むので
「すき」過ぎることで出てくる
「ぱさぱさ感」や「ぺらぺら感」
はありません。
またボリュームが必要な部分に必要なだけの毛量を残すことが出来るので、
しっかりとしたメリハリ感が作れます。


写真(finish 1)
柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル3-3.jpg柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル3-4.jpg

柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル3-5.jpg
これでハンドブローのみ。
ざっと乾かしただけでこの形。


ベースカットの状態から大きくは変わっていませんが
どのくらい肌を出すかと、骨格への補正を加えると
こんな感じ。

写真(finish 2)
柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル3-6.jpg柏の美容室DAZZLE/ダズル/カットモデル3-7.jpg
ストレートアイロンで軽く動きを加えて
お出かけ用スタイル。


モデルさんに
「期待以上!!」
とお褒めのお言葉を頂きました(^^)v

< 柏の美容室DAZZLE/ダズル/髪質と骨格、お顔立ちに合わせたスタイルチェンジ  |  一覧へ戻る  |  柏の美容室DAZZLE/ダズル/クセを活かしたヘアスタイル >

このページのトップへ